多様な薬と葉

SEXの快感が弱くなったという人は、不感症かもしれません。また、パートナーに誘われてもSEXしたいと思えない、というのはストレスや加齢によって性欲が低下していることも考えられます。
こうなるとお互いに楽しい夜を過ごすことが難しくなります。SEXはお互いがやる気になれないと、楽しい時間を過ごすことはできません。片方だけが満足するようなSEXは自己満足で終わってしまいます。
女性の不感症や性欲低下に対しては、ラブグラという薬があります。ラブグラは男性のED(勃起障害)治療薬に使われるバイアグラと同じ成分が配合されています。
女性用バイアグラとも呼ばれていて、PDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素の働きを邪魔することで、血管を広げる物質であるcGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)が壊されるのを阻止して、クリトリスや女性器周辺の血流を増やします。
これによって女性器の感度がアップして、満足なSEXができるようになります。
オーガズムに達するまでに時間がかかるという、オーガズム不全の人にも改善効果が期待できます。
また、膣が濡れやすくなるので、ペニスを挿入しやすくなり、性行痛を和らげることができます。
パートナーと最近楽しい夜を過ごせていないと感じている人は、ラブグラを利用してみると良いでしょう。
また、ラブグラとは違いますがフリバンセリンという薬も女性用バイアグラと呼ばれていますが、ラブグラとは成分が異なりフリバンセリンは脳内に働きかけることで性欲を促す効果があります。
ラブグラやフリバンセリンは、個人輸入代行業者を通して海外から個人輸入することができます。
通販でラブグラを買うことは違反ではありませんが、副作用が出たとしても自己責任になってしまうので、この点は理解して使う必要があります。
個人輸入代行業者の数はたくさんありますが、取り扱っている商品の品質には差があるので、信頼できる業者を利用するようにしましょう。