• ホーム
  • 同じシルデナフィルを含むラブグラとバイアグラの違い

同じシルデナフィルを含むラブグラとバイアグラの違い

バイアグラは勃起不全の治療薬の代名詞にもなっていますが、その女性版がラブグラです。
どちらも有効成分はシルデナフィルで、本質的な違いはありません。
シルデナフィルはもともと狭心症の治療薬で、血管を拡張させる作用があります。
そのため陰茎の海綿体に流れこむ血液の量が増え、勃起力がアップすると考えられます。
ラブグラも同じ理屈で機能するとされています。
シルデナフィルが女性器の毛細血管を拡張させ、血流量を増やすことにより、冷感症を改善し絶頂感を促すことが期待されます。
女性器が濡れにくいと性交が苦痛となる以外にも、感染症のリスクが高くなるというデメリットがあります。
こうした問題を解消するために利用されることもあります。
ただし男性用の治療薬と違って、ラブグラは国の認可を受けていないため、正規のルートで入手することはできません。
その背景には、効果の検証が十分には行なわれていないことがあります。
シルデナフィルを女性に投与する実験は、海外では何度か行なわれ、多くの女性で性的興奮が増加したという報告もあります。
しかし確証が得られるところまでは進んでいません。
また安全性も未確認です。
めまい・ほてり・頭痛などの副作用は、男性と同じように起こる可能性があります。
ラブグラは医療機関ではほとんど取り扱っていませんが、自分が使う分だけ個人輸入することは合法です。
1日1回、空腹時に服用することとされています。
1錠にシルデナフィルが100mg含まれ、日本人には多めなので、最初はピルカッターで割って服用するのがお勧めです。
ただし性欲を高める効果はなく、薬以外の性的刺激が必要です。
万一気分が悪くなったときは、早めに医師の診断を受けてください。