ラブグラで不感症を改善

薬を飲む男性

ラブグラは、不感症に悩んでいる女性にオススメの薬です。
男性のED(勃起障害)治療のバイアグラと同じ成分が使われていて、女性器周辺やクリトリスの血流をアップしてくれます。
これにより感度が上がり、膣の潤いがアップして挿入時の痛みを軽減するなどの効果も得られます。
ラブグラは媚薬のような作用はなく、あくまでも血流を良くして女性器周辺の感度を上げる薬です。
性欲がわき起こるという類の怪しい薬ではなく、あくまでも医薬品なので安心して使うことができます。
薬の効果持続時間は4~6時間で、この間は何度でもSEXをすることが可能です。
効果が強すぎるという場合にはピルカッターなどで分割して使うと効果を弱めることができます。
ピルカッターは個人輸入代行業者が薬と一緒に販売しているので、そこでまとめて買っておくと便利です。
不感症は女性ホルモンの減少やストレスなど、様々な原因が絡み合って起こることがあります。
なにか一つの原因と決まっているわけではなく、体と心の問題が両方影響している可能性もあります。
ラブグラは基本的には血流を促して感度をアップさせる薬なので、動脈硬化や糖尿病などで血管の働きが悪くなっている人が使うと高い効果が期待できます。
しかし、体だけではなくストレスによる不感症に対しても効果が期待できます。
薬を飲んだから大丈夫という安心感を得られることや、SEXの成功体験を得られることで、徐々に自力で感じることができるようになる可能性もあります。
男性のEDは取りざたされることが多いですが、女性の不感症はあまり情報がないのが事実です。
しかし、不感症に悩んでいる女性は結構多いので、ラブグラのような治療薬が使われているようです。

サイト内検索
最近の投稿
    アーカイブ